MENU

高校生のワキガ対策方法。私がやっていたことをまとめます

私は、全身が毛深い方で、中学生ぐらいの時から既に今と変わらないぐらいの状態だったのに加え、かなりの汗っかきなので、脇の臭いを初めとする、体臭に昔から悩まされてきました。

 

一番最初に自分の脇の臭いを意識したのは、やはり中学生ぐらいの時期だったと思います。制服を、冬服から半袖の夏服に衣替えし、日差しの強い中登校していた最中、肩にかけたスクールバッグの位置を変えようと、よいしょっと腕を上げた瞬間、あれ?何だこの臭いは?と。

 

最初こそ、そんなに気にならなかったものの、年々臭いがキツくなってきたことで、さすがにこれはまずいんじゃないかと感じました。

 

そこで私は、脇の臭いの改善や対策について調べ始めました。

 

酷いワキガになると手術も必要になってくるが、だいたいの脇の臭いは、
日中は汗をしっかり拭き、風呂に入る時にキッチリと洗って、
脇を清潔に保つことで対策できるということを知り、自分も実行することにしてみました。

 

 

まず、日中臭いが気になって来たらトイレに行き、
ボディシートで脇や上半身をくまなく拭いた後、制汗スプレーをしっかり吹き付けました。

 

これをやるだけでも全然違いましたね。脇の臭いを指摘されるどころか、
ボディシートや制汗スプレーのおかげで、良い匂いと言われたり。

 

そして、風呂に入る際には酸性石鹸を使いました。インターネットで調べた時、
脇の臭いの元になる菌を殺すのに向いているという記事を見つけ、早速購入し、
使い始めました。

 

そんなに需要がある商品ではないのか、ドラッグストアなんかだと割と見つけにくい位置にあるので、
店員さんに尋ねるといいかもしれません。これらの対策を徹底することで、
脇の臭いを防ぐことができました。脇の臭いが気になっている方は、是非とも試してみてください。

 

 

最初は本当に大丈夫なのか半信半疑だったが、汗をかいても確かに臭いが抑えられていて、だんだん信頼し安心できるようになっていった。安心できるようになると、ワキガを気にして余計に汗をかくということがなくなってくるので、より臭いが抑えられるようになって、気持ちの問題も大きいのだなと感じた。それ以降は、安心のために、気持ちのために使用するという面も強く、塗っている日と塗っていない日では行動の範囲も大きく変わった。また、殺菌成分を塗り続けることにより元々の臭いの原因が抑えられたのか、段々と塗らなくてもそんなに気にならないというくらいにまでなっていき、今では塗らないで過ごす日も増えてきた。総合的に見ると、何より気持ちの面で助けられたことが大きいと思う。

 

 

 

このページの先頭へ